参加者のみなさんからの質問にお答えしましょう

スクリーンショット 2019-03-05 06.03.29.png

参加申込の時にいただいていた質問事項について「飯能型気候風土適応住宅協議会」で、無垢の西川材を使い、自然に負荷をなるべくかけない家づくりをするという視点から、答えてました。分野別に整理して、お届けします。(文責=吉野)


● 無垢の家の住み心地、メリットデメリット

Q 値段、住み心地、夏の暑さ、冬の寒さ、掃除、劣化、耐久性、メリットデメリット、木の種類による特徴、どうやって施工会社を探すか、探したか。

A
値段:
イニシャルコストは高めになる傾向はありますが、ランニングコストや解体コストは下げられる傾向にあります。
住み心地:
五感に親和性の高い素材であることや調湿などの効果により心地良く暮らせます。
夏の暑さ冬の寒さ:
日射遮蔽や採暖、さらに調湿作用や肌触りにより過ごしやすい傾向にあります。冬季は地域に応じた一定の断熱化により、暮らしやすくなります。
掃除、劣化、耐久性:
柔らかい材種の場合は、やさしく取り扱う必要があります。劣化や耐久性については経年変化はするものの長期耐久性を持つ実績があります。
メリットデメリット:
素材の特徴により心地よい生活環境をつくることができます。一方木の乾燥や癖の組み合わせを適切に行う刻み、現場での造作工事などに時間を要します。防火等の規制がかかることがあります。
木の種類による特徴:
杉はやわらかく傷がつきやすく暖かい。桧は硬めでやや冷たい。広葉樹は硬く冷たいが傷がつきにくい。中庸の硬さが加工はしやすい。
施工会社を探す方法:
お気に入りの建築の建て主より聞く。設計者に聞く。雑誌やホームページで見るなどいろいろありますので、一概にどれが良いかわかりませんが、何を大事にするかを決めて探されると良いと思います。"


Q 冬は寒くないのか?
A 地域に応じて、断熱化や気密化を行うことで冬寒くない家は可能です。無垢木材の肌触りなどにより、軽微な断熱で済む可能性もあります。適切に気候風土適応住宅の認定基準ができれば、外周まわりに緩衝ゾーンを設け、引き戸で区画して小さく暮らすことも暮らし方の知恵です。


Q 木の家のメリットとデメリットを実際住まわれている方から伺ってみたいです。
A 建て主のMさんはデメリットを聞かれ返答に困り、会場から爆笑が起こりました。人間と同じ生物素材なので、見方でメリットにもデメリットにもなり得ます。少し時間が必要ですが、木の家はそれぞれの生活に合わせて馴染んでいけるということもメリットの一つではないでしょうか。


Q 木の家に住むことで生じるマイナス面なども教えてください。
A 虫害などの目視点検などを建築主の方が日頃から行う必要があります。それにより耐久性は飛躍的に向上します。


● 無垢の家にかかる費用は?


Q 無垢材の家を建てる時の費用について。
A 全体の工事費に占める木工事(材料費、大工手間)の割合が多めになりますので、全体のコストバランスに配慮すると良いです。


Q コストをおさえるために出来ることはどんなことがありますか?
A 設計上の工夫、材調達の工夫、施工体制の工夫などでコストに配慮した計画も可能かと考えられます。


Q どの様な事にどういった経費がかかり総額が出るのか?お金の流れも知りたいです。
A 総額は住まい手の資金計画で決まります。その資金をどう配分するかは住宅のつくり方で一様でありません。建てる前に設計者に相談することが近道の一つです。


Q 修繕(維持管理)費用は一般的な住宅に比べてどうか?
A 構造材現しの仕様であれば、早期に不具合を補修することができ修繕費用は安価に済むことが多いです。軒の出の少ない場合は、漏水などのリスクは増しますので、その維持費用はみておく必要があります。


● 西川材はじめ、木材について


Q 西川材の良いところって?
A 西川材は密植による年輪の詰まった材料、枝打ちや下草刈りなどの適切な手入れにより、無節材を含む美観、加工性、耐朽性ともにバランスの取れた良材です。


Q 木材の乾燥について
A 木の特性を活かすには天然乾燥が最適です。初期の葉枯らし乾燥から中乾燥は製材までの段階で、含水率30%を切る段階〜気乾状態までの乾燥は、変形の具合を確認しながら大工監視のもと行い、適切な頃合いを見て墨付け刻みを行うのが適当と考えています。



● 「和の住まい」について


Q 「現代の和の住まい」ってどんな暮らし方?
A 和の住まいの要素や暮らし方を持ち合わせながらも、標準的な設備との調和や心地よい温熱環境の中で暮らすことができます。



● 木の家に住みたい!方からの質問

Q 近い将来、家を建てたいと考えてます。木の家は大変魅力的ですが、まず予算がないので実現可能なのかどうか。。
A 設計上の工夫、材調達の工夫、施工体制の工夫などで予算に配慮した計画も可能かと考えられます。


Q 木の家にあこがれています。快適な家造りに関する技術、工夫を教えていただきたい。
A まずは木を「あらわし」で使うための適切な設計や材の準備が必要です。架構に間取りを適合させることが、無理無く丈夫で美しく、耐久性の高い家づくりにつながります。



● 飯能型気候風土適応住宅について


Q 飯能型はどの範囲か? 市内でも名栗と街中では条件が違うが。
A 木組みと屋内真壁の組み合わせであれば、地域を超えて存在しうると考えています。手刻みなどの造り方までを考慮しての「飯能型」を考えています。


Q 断熱についてどう思われますか?
A 木の家のつくり方の原則は各地域共通部分が多いと思いますが、地域の素材やその適切な納め方により多少の違いはあろうかと思います。飯能をはじめとする埼玉地域は、柱と通し貫の組み合わせに壁を塗り、必要に応じて下見板張りなどの木材の外壁で壁の保護や漏水防止を図っています。最近は漏水防止や断熱化などの理由により、屋外を大壁とする傾向があります。また、木の耐久性や保守性に影響を与えない範囲での断熱化が適当と考えています。"


Q 地域の風土と伝統及び森林資源の活用に繋がる建築の在り方
A 一次製材品を大工が加工することが重要だと考えています。耐久性を持った木組みと整合性のある不変の木組みにより、改修可能な機能的耐用性も持ち合わせる必要があると考えています。100年持つ木の家は、「伐ったら、植える」ことで無限の資源となる無垢の木を使い、永くあることで風景となります。長持ちさせるためには維持・管理に伝統の大工の技を次世代に継ぐことも必要です。


Q ただ木をふんだんに使うだけの家?其によって補助金を使えるだけの話?それとも表しの木材の軸組でenergyの循環を取り入れた次世代ハウスなのか?
A 材である西川材は適切な使い方や計画をすることでさらにその魅力を増します。無垢の木を使った木の家が住まい手の健康にも壊した時の環境への負荷も小さくできます。


Q 「木の家づくり」のための社会的な仕組み
A 戦前まではご近所の大工さんに頼めば、当たり前にできました。できました。家を買うのが当たり前になってしまった現代では、「木の家づくり」の仕組みは意識的につくらなければならなくなりました。「家を買う」から「家をつくる」という意識変革が必要です。そのためにも、無垢の木を生かして使う仕組みを提案したいと思います。



● ほか、プロからの質問


Q 省エネ法のどの部分が免除されるのか、簡単に教えてほしい。
A 建築物省エネルギー法では、外皮性能UA値と一次エネルギー消費量の計算を行い基準を達成知る必要がありますが、気候風土適応住宅に認定されますと、UA値が除外になり、一次エネルギー消費量の計算は気候風土型プログラムを適用しますと暖房エネルギーが事実上除外になります。


Q 土台の木材の採用基準。
A 耐久性の高い材種、めり込み変形が小さい材料で桧が一般的です。


Q 半世紀以上保つ家にするのに、シロアリ問題対処などについて、どのような基準の工法を採用するのが良いか?
A 点検しやすい仕様とすることや、通気に配慮すると良いです。