和のすまいリレーシンポジウム開催しました。

和の住まいリレーシンポジウムin飯能が東飯能駅前はんしんホールで、2月3日(日)に開催されました。

2019-02-03 13.18.57.jpg

大久保市長にごあいさつをいただいたあと、国土交通省、林野庁、観光庁の方々に『和の住まいのすすめ』について講演していただきました。

IMG_6243小.jpg

そして第2部は『どうしたら、普段に木の家に住めるか!』をテーマにした対話型座談会。

木の家にお住まいの方3組と、地元の専門家として、井上淳治さん(林業)、小峰康夫さん(製材)、古谷勝さん(施工)、吉野勲さん(設計)コーディネーターに綾部孝司さん、司会の持留ヨハナさんの10名で行いました。

IMG_6247小.jpg

会場の方々にも、司会者からの質問に対して、赤、青、黄、3色の色紙を使って、答えていただきました。

IMG_6246小.jpg

高いと思われている建築コストの話や、無垢の家のメリットやデメリットなど、住んでいる方の生の声を聞くことができました。
笑いもあり、終始和やかな雰囲気でした。

今回のシンポジウムを通して、少しでも無垢の木(西川材)が身近なものとなれば嬉しいです。

ご参加いただきありがとうございました。

開催されました!

『和のすまい推進リレーシンポジウムin飯能』
2月3日に開催されました。

たくさんのお申し込み、ご参加ありがとうございました。

IMG_6247小.jpg
  

フライヤーができました。2/3(日) は東飯能駅前 はんしんホールへ!

49348300_617123042066572_6779464284549152768_n.jpg

無垢の木と自然素材で、地元の大工がつくる、気候風土に合った家。「木のまち 飯能」でなら、実はつくりやすいということ、ご存知ですか?
「いいなぁ。けど、手が届かない…」と思っている方に、ぜひともおいでいただきたいイベントです。

50263889_2209951625883620_1936646078556274688_n.jpg


9Fで行うホールイベント前半、13時からの部では、国がこのところ推進している「和の住まい」や「気候風土適応住宅」について、国交省、林野庁、観光庁の各担当官にわかりやすく解説していただきます。

後半、14時半からは「どうしたら普段に木の家に住めるの?」と題した対話型の座談会。実際に飯能の無垢材で家づくりをした3組の建て主さん、飯能の山を守っている山主、製材、施工、設計と、飯能での木の家づくりに関わるプレイヤーが揃って舞台に登壇。コーディネーターが投げかける質問に登壇者や会場のみなさんが答えたり、登壇者からお話したり、やりとりの中で楽しく進行します。あなたの「でもなあ・・」や「実際、どうなの??」を気持ちよく「ほどく」時間となります(きっと!)。

スクリーンショット 2019-01-08 17.26.38.png

また、8Fでは、10時〜 13時〜の2回、埼玉県内でも大人気の木育イベント「木のジャングルジム くむんだー」を開催。

33f53cb545e19c1fba01fc7652869b1b.jpg

伝統的な「木組み」を遊びながら学べる、楽しいイベントです。9Fホールイベントの休憩時間には「くむんだーの解説」も行いますし、大人がホールイベントに参加している間、木のおもちゃで遊べ託児コーナーもあります。(申込不要、無料、当日直接お越しください)

スクリーンショット 2019-01-08 17.26.48.png

2/3は親子で東飯能駅前、はんしんホールへ!

こんな方のご来場をお待ちしています。

・これから家の新築や改修を考えている
・木の家で子育てをしたい
・環境にやさしい家づくりを学びたい
・室内空間に木を取り入れたい
・飯能だからできる家づくりを知りたい
・地域材を使った住宅を供給したい


・・・飯能型気候風土適応住宅推進協議会スタッフ一同、心よりお待ちしております。

■ 参加申し込みは、こちらから!
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScGGppZVnpnBjRQT7X6VzdvWk3kpo7BQNBfiMfrko3mh2aw-Q/viewform

■PDFファイルはこちらからダウンロードできます
このフライヤーは、元旦に飯能市内に全戸配布しました。
hanno_A3.pdf